Blog

8/2のワークショップ・レポ

先週のワークショップの模様を参加してくれたtemameの看板娘さんがレポートしてくれました

http://ameblo.jp/temame/entry-11904723788.html

自分では普段当たり前にやっていることが、参加してくれた人にはこんな感じなのか…
と、読みつつ「ふむ、ふむ」と新鮮な感動が胸に広がりました〜♡

実はCPソープを一から作るという出張ワークショップは初めての体験。
しかも対象はお子さん。

私にとって本当にいい体験となりました。
ステキな機会を提供してくれたtemameさんに改めて感謝します!

反省点・改善点などをモミモミして、これからも楽しいワークショップやレッスンを開催したと思います。

皆様、どうぞこれからもよろしくお願いします♪

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

前に作った福助せっけんです。ちょっと目が怖くなってしまった〜〜〜(汗っ)
ちゃんとお座布団は別に作って、その上にお座りしているのですよ。

鈴木万由香

植物のチカラ

去年の朝顔市で買った朝顔から種をとり、苗まで育てた鉢を友人が分けてくれました。

 

「途中で思い切って茎を切ると、太くしてしっかりした株になるから…」などアドバイスしてもらったにも関わらず、 切る? 切る! う”ー

 

なかなか思い切れず、そのまま。

おまけにズボラな私は蔓が絡まるように支柱も立てず、ベランダの格子に勝手に這ってくれることを期待してほったらかし。

 

だのに、見事な花を咲かせてくれました。

本当に植物はエライな、と感心する日々です。

人間はどれだけ植物からの恵みを受けていることか!!

 

身体にいいから野菜を食べなさい。

一日に必要な野菜は…

お肉は必ず野菜と一緒に。

 

だれでも野菜は身体にいいという認識はあると思いますが、なぜそんなに野菜がいいのか不思議に思いませんか?

 

動物は自ら動いて必要とするものを摂取します。

一方、植物は移動することができませんから、自分で必要な栄養素を作り出し、外敵から身を守る物質も作り出します。

この夏の陽射しも、我々は日陰に逃げ込むことができますが、植物は強い紫外線から身を守るために抗酸化物質を作ります。

 

つまり植物が自分のために作った多くの「チカラ」を人間は植物から頂くわけです。

食べることはもちろん、薬や化粧品、広義には衣食住に至るまで、何かとお世話になりまくりなんですね。

 

そうした植物のチカラを利用したのがメディカルハーブの世界です。

追々、私のハーブの利用法などもご紹介していければと思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

鈴木万由香

紙コップ富士山 

Exif_JPEG_PICTURE

 

今日も高温注意報が出るほどの暑さ。

そんな中、ワークショップに参加してくださりありがとうございました。

 

夏休み企画ということで、今回は初めてお子さん対象の石けん作り。

ちょっとドキドキでしたが、一所懸命に材料をかき混ぜてる顔が真剣そのもの!

楽しんでもらえたみたいで、ホッ!

 

そしてお子さんだけでなく、大人も参加してくださいました♪

 

みなさん、持ち帰った紙コップの富士山石けんの出来上がりをお楽しみにー。

 

次回は8月8日(金)です。

開催時間:13:30~15:00

参加費:4000円(かき氷付き/材料費込み)

持ち物:エプロン、ゴム手袋、タオル、マスク、ゴーグル(または眼鏡)
お子様だけでなく、大人もご参加いただけます♡

http://www.grazie.co.jp/temame/access.html

 

ワークショップが終わったら、temameさんの美味しいかき氷が待ってます♪

さわやかなカルピス味で、ラムネのトッピングがステキなアクセントに!

身体が喜ぶおいしさです♡

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

ワークショップのお知らせ

神楽坂にあるギャラリー・ショップ+カフェ「神楽坂temame」さんにて夏祭りが始まりました。

「作家と楽しく遊ぼう!」をテーマに、夏休みの宿題にも役立ちそうなお子様向けワークショップが多数開催されます。

うずまき堂も参加します!
題して…

   『紙コップで作る富士山せっけん』

日程/8月2日(土)・8日(金)

開催時間:13:30~15:00

参加費:4000円(かき氷付き/材料費込み)

持ち物:エプロン、ゴム手袋、タオル、マスク、ゴーグル(または眼鏡)
お子様だけでなく、大人もご参加いただけます♡

詳しい場所などはtemameさんのサイトからご確認ください。http://www.grazie.co.jp/temame/

Exif_JPEG_PICTURE

鈴木万由香

新月クラス、1回目

7月の新月クラスがはじまりました。
…といっても、7月はもう終わりですね。

夏は本当に足が速い!
新月クラスは未経験者を中心に、じっくり石鹸作りの基礎から体験するコースです。
第一回目の今日は、石鹸の中でも古い歴史を持つオリーブ100%のキャスティール石鹸を作りました。

トレースが出るまでに時間のかかるレシピなので、混ぜながら腕が疲れちゃいます。
しかし! だんだんトロみが出てきて、本当にクリーミーで美しい石鹸生地になったときは疲れも吹き飛ぶ笑顔に!!

暑い中、頑張って参加して頂き、お疲れさまでした。
大事に熟成させて、次回のレッスンの時にお渡ししますね。

なお、新月クラスに途中から参加ご希望の方はご相談ください。

orivenomi

 

鈴木万由香

 

悪うさぎ

NHK FM「ミュージックプラザ」のリスナーさんから「どんな浴衣を着てますか?」という質問がありました。

今回の「落雁と季節の会」で着たものをご紹介しますね。

RUMIROCKさんの今年の新作カラー、柄はうさぎ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

こうして見ると、普通にピンクのガーリーな浴衣でしょ?

でも、よく見ると…

なんと目つきの悪い! しかも角まで生えてる!

さすが、エッジ利きまくりデザイナーのルミさん。一目惚れして買いました(笑)

ちなみにイベント二日目はあまりの暑さに降参して浴衣にしましたが、初日はきちんと着物フル装備でした。
お太鼓に結んだ帯が塩だらけになるほど汗をかいたりして、、、暑さ危険レベルだった。

Exif_JPEG_PICTURE

 

鈴木万由香

落雁と季節の会・秋 終了

西荻窪の一欅庵にて行われた「落雁と季節の会・和の暮らし展」はお陰さまで無事に終了しました。

7月25・26日は35℃を越える酷暑の2日間!
一日目は紗の薄物に名古屋帯をお太鼓に結んで参戦。
もう地獄の暑さで、帯までぐっしょり塩を吹いてしまいました。
二日目は「もう無理!」ってことで浴衣。
それでも仮死状態でしたけどね(笑)

なんたって一欅庵は文化財に指定されている古い建物。
冷房設備など無いのです! (ぜーぜー、 はーはー)

…が、しかし。

お客さまの誰一人も文句も言わず、皆様ステキな笑顔で参加してくださいました。
本当に良い方々ばかりで、ぜーぜー言ってる自分に喝を入れまくりでした。

今回は万能クリームと美肌水のワークショップをやりました。
初日に参加してくださった方が翌日もいらして、

「さっそく使いました。すごくいい使い心地」と、喜んで頂けたのが本当にうれしいです。

他のみなさんからも「使ってまーす」というメールを頂きました。
皆様、本当にありがとうございました。

次は10月。
グッと過ごしやすい季節になってることでしょう。
またワークショップを考えますので、ぜひよろしくお願い致します。

Exif_JPEG_PICTURE

 

鈴木万由香

パイナップル♪

今日のお昼ご飯は川沿いのカフェにて。
ランチプレートの端っこに数切れのパイナップル。

うーん、デザートに食べるとスッと気分もさわやか!
梅雨明けで夏本番。
果物が嬉しい季節ですね。

石けんもフルーツを利用すると楽しさが広がります♪

こちらはパイナップルソープです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

贅沢に絞ったパイナップル果汁に苛性ソーダを混ぜると、こんな鮮やかな美しい黄色が…

Exif_JPEG_PICTURE

化学反応によって、こんな色に…

Exif_JPEG_PICTURE

でも、また落ち着いてくるから ふ・し・ぎ!

残念ながら天然果汁の色はそのまま残らないので、今回は少しピグメントを足して、雰囲気を出しました。
香りもパイナップルのFragrance oilで、トロピカルなお風呂タイム間違いなし♡

 

鈴木万由香

落雁と季節の会〜7月25・26

落雁と季節の会まで一週間を切りました。
5月に開催したときは「次はまだ先~」と思っていたのに…早い!

今回は    一欅庵 和の暮らし展 ~秋を喜ぶ、秋を拾う~

この暑い最中に「秋!?」と思われるかもしれませんが、夏は短いのです。
気がつけばすぐそこに秋が…(笑)
そして忘れてはならないのが、先人たちは季節を自由に遊びながら「今」を過ごしやすくしたということ。

例えば、千鳥。(かき氷の旗などでおなじみの可愛い鳥さん)
夏の定番のようですが、元もと千鳥は冬の季語。
けれどもそれを暑い夏に描くことで少しでも涼しさを感じようとしたのでしょう。

そういえば、近所の柿の木にはまだ青々と固く、小さな柿の実がなっています。
柿の子供たちは赤く色づくのを待ちわびながら、まるで恋に憧れて背伸びをする童女のようです。

季節を見つけるたびに、日本に暮らしていることを嬉しく思います。
そんなひとときを、ぜひ一欅庵で一緒に過ごしませんか。
ご来場をお待ちしております。

 

さて、お着物でいらっしゃる方も多いかと思いますが、どうぞ気楽に浴衣でお越し下さい。
(きっちり夏着物もかなり暑いですから!)

そして恐縮ですが、注意事項があります。
・一欅庵さんは建物保全のため裸足でのご入場はご遠慮頂いております。
足袋やフットカバー、靴下などをご持参下さい。

・水分補給が必須となります。
建物保全の為、お客様が持ち込まれたペットボトル類の使用は指定の場所にてお願いしています。
玄関前の一角にパラソルとクーラーをご用意します。
先ずは一口、冷たいレモン水でノドを潤してください。
持参されたドリンクもこちらでお飲みくださいませ。

2階では滋賀の無農薬番茶の水出し茶をご用意します。
こちらは持ち歩かず、その場で飲んで頂けますよう、よろしくお願い致します。

皆様のご理解とご協力に感謝します。

鈴木万由香より

Exif_JPEG_PICTURE

落雁と季節〜秋b

深夜に ♡

ふと思い立って石けんを作り出すこともあれば、某かの〆切に追われて深夜に作業をすることも…

熱帯夜に、石鹸に汗がたれ落ちないように手拭いを首に巻きながら、シャカシャカ、ぐるぐる…

 

これはある企画のために試作したプロトタイプ。
タイトル未定。

 

これでもかっ! ってぐらいのハート。
なんか夜中に書いた手紙状態?
後から冷静に見直すと、ちょっと詰め込み過ぎたかな。えへ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

鈴木万由香